教育勅語正文の解説⑪

2016年06月22日

兄弟ニ友ニ(ケイテイニユウニ)

 「友ニ」というのは「仲良くする」という意味

です。だから兄弟、姉妹は、互いに仲良くしなさい、

ということです。「孝友」という言葉がありますが、

これは「父母ニ孝ニ」の「孝」と、「兄弟ニ友ニ」

の「友」とを合わせたものでありまして、決して

「孝行な友達」という意味ではありません。

 昔、戦国時代に毛利元就という武将がおりまし

たが、ある時三人の子どもを集めて、弓の矢を一

本ずつ与えて「折ってみよ」というと、三人とも

わけもなく矢を折りました。ところが、元就が三

本の矢をひとつの束にして子供に渡して「折って

みよ」と命じましたが、今度はとても強くて、折れ

ませんでした。

 そこで元就は、こう言って子ども達にさとした

のであります。「お前たちも、この矢と同じように

一人一人では弱いものだが、三人が力を合わせると、

とても強くなって、どんな者にも負けなくなる。

だから三人は兄弟仲良くしなさい。」

 

教育勅語の正文

朕惟フニ、我カ皇祖皇宗、国ヲ肇ムルコト宏遠ニ

徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ。我ガ臣民、克ク忠ニ、

克ク孝ニ、億兆心ヲ一ニシテ、世々厥ノ美ヲ済セ

ルハ、此レ我カ国体ノ精華ニシテ、教育の淵源亦

実ニ此ニ存ス。爾臣民、父母ニ孝ニ、兄弟ニ友ニ、

夫婦相和シ、朋友相信シ、恭倹己レヲ持シ、博愛

衆ニ及ホシ、学ヲ修メ、業ヲ習ヒ、以テ智能ヲ

啓発シ、德器ヲ成就シ、進テ公益ヲ広メ、世務ヲ

開キ、常ニ国憲ヲ重シ、国法ニ遵ヒ、一旦緩急アレ

ハ、義勇公ニ奉シ、以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘ

シ、是ノ如キハ、独リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラ

ス、又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン。

斯ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、子孫臣民

ノ倶ニ遵守スヘキ所、之ヲ古今ニ通シテ謬ラス、

之ヲ中外ニ施シテ悖ラス、朕爾臣民ト倶ニ、拳拳

服膺シテ、威其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ。

  明治二十三年十月三十日

         御 名 御 璽


教育勅語に戻る
このページの先頭へ