ブログ最新記事

FLY TO THE FUTURE-第1章 途方もない夢への離陸8-

 この間、義三の環境にも変化があった。結婚し、昭和二年に長男・鋭蔵が誕生している。精鋭部隊を率いる将軍になるように、と「鋭」の字を名前につけた。 また、飛行機の話題でいえば、昭和四年七月十五日、日本初の定期旅客輸送飛行が始まった。東京・立川飛行場から乗客六人と乗員二人を乗せた飛行機は大阪・木津川飛行場に無事に着陸、さらにその後、福岡の大刀洗飛行場に飛んだ。当初の飛行機は、フォッカー・スーパーユニバーサル機(六人乗り、巡航時速百八十キロ)、フォッカーF7機(八人乗り、巡航時速百六十キロ)の二機種で、いずれも欧米で安全性と経済性が高く評価されているものだった。 そのニュースを知った義三は、とうとう

執筆者プロフィール

日本航空学園 梅澤重雄 プロフィール写真

梅沢しげお(うめざわしげお)

学校法人 日本航空学園 理事長

公益財団法人日本航空教育協会 理事長

ブログ更新情報

梅沢慶臣学園長ブログ

梅沢忠弘学長ブログ

篠原雅成校長ブログ

浅川正人学長ブログ

馬場欽也校長ブログ

小林学校長ブログ